子宮セラピー

わたしたちは誰でも性別に関係なく、

自分の内側に

男性性(陽)と女性性(陰)のエネルギーを持ち合わせています。
 

男性性は、
思考、与える、リーダーシップ、行動、バイタリティ
社会との関わり、目に見えるもの

 

女性性は、
感性、受け取る、受容、創造性、調和 
自分との関わり 目に見えないもの
 

歴代からの男性性優位の時代は既に終焉しており、

これから益々女性性の本質にある「自己受容」が

大切になってくるでしょう。

(人間はお母さんの子宮から生まれるように、

本来男性性は、女性性に包括されています。)


たとえば、こんな感情があるとします。

・ありのままの素直な自分になれない

・人からどう思われているか気になる

・思考がざわざわして、感情を感じ切ることが出来ない

あるいは、

・過度な自意識過剰

・頑固なプライド

・不足感からの過度な承認欲求

・他者を認めたくない

・女性性に対して嫌悪感や怖れがある

etc.

たとえ、上記のような感情があっても

決して悪いことではありません。

これまでの出来事や、輪廻してきた歴史の中で

傷ついた女性性や男性性は

大なり少なり誰にでもあります。

それを否定したり、抑圧したり、どうにかしようとせずに

ただ感情に寄り添い、その波を感じ解放することも

本来の自分と統合して生きる1つの方法です。


自分ではないものを少しずつ脱いでいった先に、

必ず出会えていく私たち本来の姿。

そのためのお役立ち頂けたら幸いです。

女性特有の症状でお悩みの方にもおすすめです。

angeli