ヒーリングとは

アンジェリでは2009年にレイキを導入し、

他のヒーリングも学びながら、長年検証を積んできました。


ヒーリングとは、簡単に言えば

宇宙から流れるエネルギーを用いて

心身の気の流れを整えていくものです。


目には見えないので普段気に留めないかもしれませんが、

私たちが生きる世界は波動のエネルギーで満ち溢れています。

人も、動物も、場も、太陽や月も、植物も、お金も、道端に転がっている石ころも

この世に存在するすべてのものは周波数を放っています。


パワーが欲しいとき、浄化したいとき、癒されたいとき

神社にいったり、海や山に行きたくなる方も多いと思います。

それもいわゆるヒーリング作用のひとつです。

人がストレスを受けたとき、

病気になっているとき、

重荷を抱えているとき、

我慢しながら生きているとき

など、私たちのエネルギー体は乱れてしまいます。


セラピストが*チャクラ(下記参照)に手を当てて

エネルギーの滞りを感じるところを癒していきます。

 

チャクラとは

 

チャクラとは、簡単に言えば、体の中を流れる気の出入り口です。

内から外へ、外から内へと常にエネルギーは循環しています。

電気でいうなら、発電所のようなものですね。


主要なチャクラは7つあり、体の中心線上に並んでいます。

科学的においても体の各器官や内分泌腺(ホルモン物質)と

対応していることが明かになっています。


※主要チャクラ

 

第一チャクラ(下半身全体)

肉体:骨格・生殖器・脚・免疫系

テーマ:生命力、基盤、グラウディング(地に足をつけた生き方)

精油:パチュリ、シダーウッド、ジンジャー、ローズウッド  カラー:赤

 

第二チャクラ(丹田/仙骨)

肉体:仙骨・子宮・卵巣

テーマ:パートナーシップ、女性性男性性、歓び、創造性

精油:オレンジ・ジャスミン  カラー:オレンジ

 

第三チャクラ(太陽神経叢)

肉体:胃・十二指腸・膵臓・肝臓・脾臓

テーマ:精神的活力、自己肯定、自信、意志

精油:ジュニパー、レモン、グレープフルーツ、ブラックペッパー イランイラン  カラー:黄色

 

第4チャクラ(胸部全体)

肉体:心臓・胸腺・乳腺

テーマ:慈愛、無条件

精油:ローズ、ゼラニウム、マジョラム、ベルガモット カラー:緑、ピンク

 

第5チャクラ(喉)

肉体:甲状腺・喉・肺・気管支・耳

テーマ:コミュニケーション、自己表現

精油:ユーカリ、ティートリー カモミールジャーマン カラー:ターコイズブルー

 

第6チャクラ(額)

 

肉体:脳下垂体・目・鼻

テーマ:インスピレーション、直観、洞察力

精油:ペパーミント、ローズマリー、ヤロウ  カラー:インディゴブルー

 

第7チャクラ(頭頂)

肉体:松果体・脳

テーマ:高次の意識、本当の自分と繋がる 至福 

精油:ラベンダー、フランキンセンス、サンダルウッド  カラー:紫


そして、頭上から20cmくらいのところにあり、

肉体領域から飛び出した「第8チャクラ」があり、

ここは、「社会全体」と繋がるところです。

目の前で起きることは、

同時に自分の内側で起きているということに気付き、

自分を社会の中でどう活かすか、がテーマとなります。

活性化されると、自分の行動が常に社会に影響していき

自分に心地良い選択、正直な行動を心掛けるようになります。

それが、「自分らしく生きる」ということの体現となります。

サポートアロマは、

ローズウッド、ネロリ、アンジェリカです。