チャクラとは

「チャクラ」とは、

人間の生命や身体と精神の働きをコントロールする

気の出入り口のことを表します。

主要なチャクラが背骨に沿って肉体の中央を下から上へと

貫くように7つの点があり(厳密にはもっと多くあり)

目には見えない精神・心・肉体をつなぐ経絡とされ

それぞれのチャクラには関連する身体の器官があります。

チャクラは実に様々なエネルギーを吸収し、

それを一つ一つに分割変換して気の経絡に沿って、

神経系、内分泌系、そして血液に送り込んで肉体にそのエネルギーを与え

健康体や不調を作り出します。

チャクラがバランスよく開き、活性化することは

人生が順調に流れ、明るく満ちあふれた本来のあなたを生きることができます。


<主要チャクラ>

 

第一チャクラ(赤)

骨格・生殖器・脚全体

すべての基盤となるチャクラで、生命力、安定、意志、免疫系などを司ります。

このチャクラが弱ると他のチャクラも上手く機能しにくくなるほど

大切な土台となります。

ローズウッド、ジンジャー、フランキンセンス、パチュリ、ペチバー、サンダルウッド、ミルラなど

第二チャクラ(オレンジ)

仙骨・子宮・卵巣

自己満足や喜びに関係するチャクラ。

1対1の男女関係。男性性と女性性のバランス、パートナーシップ、創造性、喜び、経済

ジャスミン クラリセージ オレンジスイート、イランイラン、サンダルウッド、ローズなど

第三チャクラ(黄色)

胃・消化器系、十二指腸・膵臓・肝臓・脾臓

自己価値を査定するチャクラ。自己肯定、実現力、対人関係、支配、依存

イランイラン、ブラックペッパー、レモン、カルダモン、レモングラスなど

第4チャクラ(緑・ピンク)

心臓・胸腺・乳腺

愛に関連するチャクラ。愛を与え受け取る。自己受容

ローズ、ベルガモット、マージョラム、ラベンダー、メリッサなど

第5チャクラ(青)(

甲状腺・喉・肺・気管支・耳(藍)

自己表現、コミュニケーションに関するチャクラ

ハートで感じたことを表現する力

カモミール、ティーツリー、ローズマリー、ユーカリ、サイプレスなど

第6チャクラ(藍)

脳下垂体・目・鼻

知性、洞察力、直感力、記憶、内観に関連するチャクラ

ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ、サンダルウッド、ヤロウなど

第7チャクラ(紫)

松果体・脳

高次やハイヤーセルフからのメッセージを受け取るチャクラ

論理を超えた理解を生み、愛と至福で満たされます。  

ラベンダー マージョラム、フランキンセンス、ローズウッド、サンダルウッドなど

そして、頭上から20cmくらいのところにあり、

肉体領域から飛び出した「第8チャクラ」があり、

ここは、「社会全体」と繋がるところです。

目の前で起きることは、

同時に自分の内側で起きているということに気付き、

自分を社会の中でどう活かすか、がテーマとなります。

活性化されると、自分の行動が常に社会に影響していき

自分に心地良い選択、正直な行動を心掛けるようになります。

それが、「自分らしく生きる」ということの体現となります。